丘の上から

e0343944_11103582.jpg

細い坂道をのぼると城壁の上へ出ます


e0343944_11253802.jpg

待ち受けてたのはダースベイダーのような黒い銅像が数体


e0343944_11575397.jpg





e0343944_11110218.jpg
今回の旅も天気に恵まれました





e0343944_11283002.jpg


ロシア正教の宗教建築。アレクサンドル・ネフスキー教会

ロシア革命後独立を果たしたエストニア人たちは解体を望んだのですが、実現せず

タリン旧市街の観光ポイントになってます

ロシア正教会の建物に入るのは初めてでした




e0343944_11104434.jpg



レストランかな、、とおもいきや、テイラーでした





e0343944_11105758.jpg



バルト海沿岸はアンバー(琥珀)が有名

日本にいたらまったく興味のない宝石類 旅先で見ると素敵に見えます

地中の奥に埋まってた鉱石と違って、針葉樹の樹脂が化石化して生れ変った唯一の生物起源宝石




満月にグレーの我は晒されて 明日は琥珀の嫗になろう

NHKの短歌の番組で紹介されたこの句がずっと心に残ってます




琥珀の嫗  ジョージアオキーフやルーシーリー、なんだかそんなイメージ

日本画を描く義母に、お土産に小ぶりのブレスレットを選びました




e0343944_11194346.jpeg





e0343944_11324533.jpg









e0343944_11202958.jpg





e0343944_11204837.jpg






e0343944_11231479.jpg


ANNELI VILK

最後にここへ


女性ショコラティエが手作りするエストニアチョコレート

すべてのチョコレートにオペラの演目の名前がつけられてます

e0343944_11245082.jpg


感激の美味しさ!

エストニアチョコレートのレベルの高さに驚きます




e0343944_11273568.jpeg



LAST BAR(笑)



飲兵衛の心揺さぶるでしょ

この店名

もう一杯いっとくわって、夫ここで飲み納め



[PR]
by malzo8 | 2018-07-23 11:00 | エストニア | Comments(0)

ピエールショコラテリエ

e0343944_21252063.jpg


食事の後は、こちらへ

グーグルマップで印刷した地図だと、この中庭への通路がちょっとわかりにくくて、通りがかりの人に教えてもらいました

最初のエストニア人にチェッと言われたので、ちょっぴり緊張してのエストニア入りでしたが、、この国の人はとーっても親切です




e0343944_21292256.jpg

この可愛らしいスペースは13世紀の職人たちの中庭を再現した場所





e0343944_10520237.jpg





庭を囲むように、ピエールショコラティエというチョコレートケーキが有名なお店や、手工芸のお店があります






e0343944_21324241.jpg


隣国のロシアの雰囲気も漂って




e0343944_21333218.jpg


ケーキショップの小さなカウンターでここの珈琲とアイスレモンティーを注文

ここはチョコレートケーキで有名だよっていうと

夫がそれなら食べたいと追加注文、かなり甘いと聞いてたので私は遠慮





e0343944_21351577.jpg


OLD HANSA はどうしても中で食事したかったけど、

ここは室内より中庭がいいですよね




一口食べた夫が、うわっ、甘過ぎといったので、代わりに食べると、めっちゃ美味しい💓

なのでシェア

2人で1つがちょうどいい分量



このケーキは絶品だけど、アイスティーは多分リプトンレモンティーのパック入り。。

ストックホルムのカフェコッペンのアイスレモンティーも同じ味

スイーツが美味しいの残念



コーヒーはどうだったのかな ?




e0343944_21382659.jpg



この空間は、本当に心地よかったな〜





e0343944_21435282.jpg

夫がくつろいでるので、私も小さなお店をあちこちのぞいてみることに


e0343944_21443805.jpg



窓辺におかれた天使に誘われて店内へ

なんかね、いろいろ可愛いです





e0343944_21453321.jpg

旅の記念に8センチくらいの小さな天使を二つ




e0343944_21462980.jpg

手作りなのでオンリーワン


向かって右は猫好きの友へ

左の天使は魚を抱えてます。これは魚座の自分に





[PR]
by malzo8 | 2018-07-18 10:49 | Comments(0)

Olde Hansa





e0343944_09005203.jpg


中世を忠実に再現したレストランOlde Hansa

エストニア料理店

雑貨屋さんも併設されてます

e0343944_09055396.jpg


店内に一歩足を踏み入れると、違う世界へ


ヴァーサ博物館で中世の映像を観た後だったので、そのままその世界にはいっていく感じがします










e0343944_09010697.jpg

メインのホールはすでに満席で、他の空席はすべて予約席でした

外のテラスもあるけど、このお店を選んだ意味がないし、、、

中世の格好をしたボーイの男の子はちょっと困ってたけど、もうしわけなさそうに

2階の狭いテーブルならあるけど、といいました

ノープロブレム!


それでこの天井桟敷のような場所へ

湯布院の亀の井別荘のバーみたい







e0343944_09025645.jpg






細部まで忠実に再現されてて、灯りは蝋燭のみ

メニューも雰囲気ありますね💓





e0343944_09030882.jpg





夫は魚のプレートとマッシュルームスープ、私はお肉のはいったサラダ

エストニアはヘルシンキやストックホルムと比べると、物価がずっと安いです

なので週末は2つの国からフェリーで買い出しに来る人も多いとか

フェリーの中は免税なので、お酒をどっさり買い込んでました




e0343944_09024754.jpg




蝋燭だけで撮った写真はほとんどブレブレ

場所交替しようかって立ち上がった瞬間に撮った写真が一番綺麗に撮れてました






e0343944_09040252.jpg

器、ガラス、料理、テーブルの上の景色はその国のいろんな物が凝縮されてるから、魅かれるのだと思います


後は人がテーブルについておしゃべりが始まるのをまつだけ







[PR]
by malzo8 | 2018-07-12 11:16 | エストニア | Comments(0)

タリン旧市街地

e0343944_21324849.jpeg


この日も晴天

リュックとストックホルムで増えた荷物は港のコインロッカーにつめこんで、

さあ、身軽になってタリンの観光スタート


目印の太っちょマルガリータを探してたら、OLD TOWNの矢印をみつけそっちの方向へ

まっすぐ行けばすぐだったのにね、、

途中で道を聞いたら、「近道教えるよ! ついといで」って、なんだかよくわからない場所から旧市街地の散策がスタートしました



丸い塔を見つけては、太っちょじゃない、これも太っちょじゃない、、、と繰り返してたような


後でわかったのだけどね、太っちょマルガリータが北門で、こちらのヴィル門が賑やかな東門のようですね





e0343944_21363796.jpg

中世の入り口


e0343944_20054912.jpg


e0343944_20063709.jpg


e0343944_20073354.jpg


セーターの壁。 手編みのお店がずらりと並んでます

ノルディックっぽい柄の可愛いものもありました


e0343944_20080756.jpg
帽子付きマフラー、かぶってみる?

ほら、こうやってこうやって、初夏だけどおかまいなし




e0343944_20073739.jpg

エストニアは手工芸が盛ん

ロシアの隣国なので、マトリョーシカも沢山みかけました



e0343944_21505239.jpeg
早々に一つ目の目的地、オルデハンザが見えてきましたよ


e0343944_20090816.jpg

時計を見ると11時。ここで早めのランチをいただきましょ



[PR]
by malzo8 | 2018-07-11 21:56 | エストニア | Comments(0)

ヘルシンキ→ストックホルムはタリンクシリヤラインのシンフォニー号で

ストックホルム→タリンは同じ船会社のヴィクトリア号でした

シンフォニー号よりひとまわり小さな船になります



e0343944_21560245.jpg

バルト海を同じく横断するので、ビュッフェのメニューもまったく同じかと思いきや

今度はこれから向かう国、エストニア色が満載

e0343944_21574007.jpg

この日もお昼抜きで、乗船してすぐの前半のグランドビュッフェ美味しくいただきました

隣のテーブルには、スウェーデン人の家族

2才くらいの女の子がなんだかへそを曲げてますよ〜

筋金入りの頑固さで、まるで映画の中のロッタちゃん





この日も早々に部屋にもどって早めの就寝


おかげで翌朝は快調、そして空も快晴







シリアラインから手紙がだせると聞いて、私は昨夜部屋で書いたポストカードもってインフォメーションへ

ちょっと神経質そうな大柄の女性に

切手を2枚くださいというと、ケースの方に歩いて行って、どこにだすの ?と聞かれ「ジャパン」と答えると

もう一度聞き直されて、再び「ジャパン」と答えると、

大きくため息をつかれ、「チェッ」と舌打ち149.png、つかつかつかとやってきて、ポストカードを見てJAPANの所を指差し

「シャーペイ」と言いました

??????

エストニア人のJAPANの発音はちょっと難しい






部屋に帰って洗面所で身支度を整えてる夫に「チェッ153.png」って言われたよ〜っていうと

それは「チェッ」じゃなくて、「チュッ」だよ

ん ?


「チュッ124.png」って言ったんだよと真顔でいいます


ホンマオモロイワーこのおっさん




みなさん、これから、チェッって舌打ちされたときは「チュッ124.png」に脳内変換するといいですよ

なかなか言われる事もないと思いますが。



一文字なのに劇的に違う2つの音




こんな感じで一足早く「おとぎの国タリン」に足を踏み入れてる夫と共に甲板へ



e0343944_10122548.jpg

洋上から眺める3つめの国にワクワク







[PR]
by malzo8 | 2018-07-05 10:22 | エストニア | Comments(0)

e0343944_20430482.jpg


隣にはスカンセン野外博物館がありますが

残り時間が少なくなってきたので、観光せずに街を散策することに





e0343944_20404766.jpg



新市街と島を結ぶユーロゴーズブロン橋界隈


e0343944_09390760.jpg



太陽をたくさん浴びて、やっときた夏を満喫してるようです



e0343944_20405424.jpg







e0343944_20420482.jpg






e0343944_20423075.jpg



前方から走ってきた自転車をみて、

たしかにストックホルムは自転車で周るのにぴったりなサイズ







e0343944_20441570.jpg








e0343944_09170162.jpeg



最寄りの地下鉄駅までやってきました

駅前の広場では大木がぐるっと公園を取り囲んでます






e0343944_21034339.jpg


余談ですが、古民家の2階から見えてた樹齢60年以上ある大きな銀杏の木が、5月に帰省した際、根元から切られてました







私はそこに住んでないし隣家の木なので、なにかを言う権利はないのだけど、残念です134.png

昨年の秋は銀杏の実がたくさん生ったようで、年をとってきた住人には道路に落ちた銀杏の実を毎朝掃除するのが体力的に厳しくなってきたのかもしれません

通る人に迷惑をかけないように、、日本人らしいと思いますが、、、楽しみにしてた人の方が多かったかもしれません

切る前に、こういう理由で大木を切ろうと思いますと看板でも出しといてくれたら、ちょっとまって掃除お手伝いします !っていう人が何人もいたかも、


かも、かものお話です




もうあの大きな木はありません





e0343944_21194663.jpg



雑誌でみた、地下鉄アートのT-CENTRAL駅へ言ってみる事に

でも、乗り場が違うのかどこにも見当たらなくて、地上へ





e0343944_18134251.jpg





少し歩くとこじんまりとした教会があったので、庭の木陰でゆっくりして汗をぬぐいます






e0343944_21235663.jpg


e0343944_21260149.jpg






e0343944_18172071.jpg






e0343944_21273180.jpg




ガムラスタんにもいくつか教会があったけど、中にはいってないので


最後に偶然みつけたここへ


後でなんていう名前の教会だったのかな〜と調べてみたら、「クララ教会」。可愛い名前でした^^

小銭が1ユーロだけあったので、ポストカードを1枚買いました





これでストックホルムの散策は終了

朝、来たルートを折り返して港へ


次は最後の訪問地。エストニアのタリン


ここも可愛い街ですよ














[PR]
by malzo8 | 2018-07-04 18:17 | スウェーデン | Comments(0)

ヴァーサ博物館


e0343944_13445405.jpg

かつて国王の狩猟場だったこの島は今も自然が残されて、

毎年数百万の観光客が訪れる観光スポット





e0343944_13242669.jpg


緑に囲まれた島の中には様々な施設があって

とりわけ興味深いのはヴァーサ博物館

1628年に沈んだ木造の巨大軍艦が333年後に引き上げられ復元され展示してあります

全長69メートルですごい迫力!




e0343944_13291649.jpeg


地下に降りると船底まで見学できます




e0343944_13292112.jpeg

船尾には壮麗な彫刻が施されて




e0343944_13530928.jpg


再現されたのはこんな色


こんなにすごいのに出港してすぐに強風に煽られて沈んでしまったんですって!

原因は大砲を沢山積めるように設計に無理があったこと

パランスとるために入れた底石を

上部が重過ぎてささえきれなかったのだそう




でもそのおかげて現存できてるんですね



e0343944_13292557.jpeg




e0343944_14335179.jpeg




e0343944_13292973.jpeg

当時の暮らしの様子もミニチュアや映像で展示してあるので


昔のスウェーデンにタイムトリップできますよ


e0343944_13294685.jpeg

ヴァイキングを祖先にもつ国の一端に触れることができてよかった

ミュージアムショップが充実してました


記念に帆船の小さな模型を買いました




e0343944_13243523.jpg

e0343944_14282996.jpg


暗い館内から外にでると緑が眩しい



e0343944_14281845.jpg
売店でミネラルウォーターを買って一休み



[PR]
by malzo8 | 2018-07-03 14:02 | スウェーデン | Comments(0)

台風

e0343944_14503044.jpg

台風が接近中

進行方向の皆様どうぞお気をつけ下さい


鹿児島の台風は若いってこちらの方が言ってました

海上を通ってきて勢いが衰えないまま上陸する台風を若い台風って言うのだそうです




金曜日からエアコンが故障してて、蒸し暑さも半端ないです(笑)

涼しげな紫陽花を市場で買ってきたら、カタツムリがついてきました

梅雨明けはいつかな〜

[PR]
by malzo8 | 2018-07-02 14:59 | フラワー | Comments(0)

ガムラスタン散歩2

e0343944_13483160.jpg


絵を描いた場所にいけるみたいな、スケッチブックがあったらいいのにね

どこでもドアと同じ感じ

飛行機が苦手な人が結構いて、どこ行くにもそれがネックになってあきらめてる

時間、空間、ゆれ

もう少しだけ便利な乗り物ができたらいいのにと思う




今回はいろんな事が順調だった中で、福岡到着の2時間前

こってりの機内食と

デザートと紅茶を食べ終わった直後の大揺れ

怖さと気持ち悪さで

人生初の機内ちょっとリバース💦←汚い話ですみません

我ながら上手(笑)にコップの中にできましたが。。。


そのときは神様ごめんなさい、もう行きませんって感じです140.png

その時夫はトイレに立ってて

よろよろしながら席に戻ってきました

トイレの中に閉じ込められるかとおもった💦と言ってました


旅って楽しいことばかりじゃありません

でも、のど元過ぎてまた出かけていきます。。。懲りない


このやっとこさ感がたまらんのですが




e0343944_08231851.jpg


ガムラスタンはゆるやかな坂があちこちにあって

その角度やなんかが、いろんな表情みせて趣があります






e0343944_08231210.jpg



この後、王宮で衛兵の交替式を見る予定だったけど、あまり時間がありません

坂道を下っていくと、スルッセンの港にでたので、

ここから船に乗って

ユーロゴーデン島に行く事にします






e0343944_08303995.jpg



夏の始まりを迎えた北欧の国は人も風景も輝いて見えました





e0343944_08340296.jpg


7ユーロだったかな。船着き場にいる人からチケットを直接買いました

キャッシュは拒否されました

スウェーデンクローネを3万円ほど用意しましたが、これは失敗。現金は5000円くらいで充分

レートも悪いしほとんどがカード払い

今回訪れた3カ国はほとんどキャッシュレス JCB使えないのでご用心



e0343944_08341495.jpg

                             ヨーロッパはもう夏のバカンスのシーズン

e0343944_08375596.jpg

ヘルシンキやタリンと比べると、水都ストックホルムは大きくて訪れたい場所がたくさんありすぎます




e0343944_08380258.jpg

日帰りは大胆な選択でしたね〜

e0343944_08380865.jpg

島に着きました。残り3時間



[PR]
by malzo8 | 2018-07-01 14:17 | スウェーデン | Comments(0)