2015年 06月 22日 ( 1 )

金子みすゞ詩の小径

e0343944_10565520.jpg



唐戸エリアにはレトロな建物が点在



旧英国領事館にはカフェや小さなイングリッシュガーデンもあります


窓から見える旧秋田商会ビル





e0343944_11363977.jpg







e0343944_10570020.jpg

こちらは観光案内所にもなってるので


e0343944_10472471.gif


ここでチラシをいただいて、「金子みすゞ 詩の小径」を歩いてみることに


長門市出身の金子みすゞですが、


20才で下関にでてきて、働きながら詩を作り、そして終焉の地となったのもここです






e0343944_11101723.jpg



この写真を撮影した黒川写真館跡

今は名前が変わって、写真館がありました




e0343944_10571383.jpg


それぞれの場所に一編ずつ詩が

商店から飛び出してきた子供が二人、こんにちわって走り去っていきました


「山の子浜の子」という詩も可愛かったな





e0343944_10570848.jpg

e0343944_11130828.jpg



小さな川にかかる小さな橋の欄干の両側にも



e0343944_11141456.jpg


橋のたもとに鮮やかな紫陽花


その近くの本屋さん


e0343944_13181929.jpg
 



ゴールの10カ所目はにぎわうカモンワーフ


「私と小鳥と鈴」はここに



鈴と小鳥と私と

みんなちがってみんないい


26才のみすゞの優しさに包まれます



番外  小径からそれた商店街の中の看板
[PR]
by malzo8 | 2015-06-22 11:30 | 山口 | Comments(2)