雨のヘルシンキ



最終日、とうとう雨に降られました

今までの海外旅行、ほとんど雨に降られたことがなかったのだけど、ね

出発までの数時間、最後のヘルシンキ観光

朝、ホテルを出る時は小雨模様、夫は準備してた山用の防水パーカーを嬉々として取り出す
私はもうパッキングを終えてたので、この雨は止むとみていつも通りの格好




旅先で迎える月曜日の朝が好きです

前日までのリラックスモードの休日と違った街の風景

足早に会社に向かう人たち、






e0343944_11243600.jpg



そんな人達に混じって、美味しいと評判のシナモンロールのお店まで、トラムに乗って出かけます






e0343944_11253250.jpg



カフェ スッケス

入り口には日本語、韓国語、中国語で「いらっしゃいませ」の表記がありました

1957年のオープン^^

大きなシナモンロールは一人じゃ食べきれないと思ったけど、美味しくて軽くてぺろっと食べ上げました




出勤前のサラリーマンが外のテーブルでサラダを食べてたら、グレーの塊が空からサラダめがけて一直線
大きなカモメでした





e0343944_07493442.jpg

ヘルシンキのカモメって大きいですよね、、は、映画の中のみどりさんの言葉だったかしら。。。。



これが、噂の、かもめの襲撃。くくく💓


夫に「かもめ食堂」の話をしてると、ここからそう遠くない場所に実在の「かもめ食堂」がある事を思い出した


せっかくだからと、行ってみる事になったのだけど、途中で土砂降りにあう


しばらくビルの軒先で雨宿り、、、


初日のヘルシンキ、ストックホルム、タリンと天気に恵まれたことにつくづく感謝

最後まで全部晴天だったら、、それが当たり前みたいに感じて、こんな気持ちにはならなかった


いつまでたっても止まないので、数百メートル先の「かもめ食堂」まで走る!


濡れてるのになんだか、夫が上機嫌

察するに、雨がひどくなると見込んで雨合羽をもってきたことが正解だったから

ドヤ感すごい


着ていたカッパを脱いで私に着れという、、

なんだなんだこの感じ


どうだ、僕が正しかっただろう。。。顔に書いてある

渋々着たけど、ちょっと納得いかない


素直にありがとうって言えないなにか。。。(笑)


なにを張り合ってる。。。





e0343944_11594703.jpg



映画でみた食堂は閉まってたけど、隣になにかあった


店にいた日本人の女の子と目が合うと、開店前ですけど、飲み物くらいだったら用意できますよ、と中に招きいれてくれた


雨に濡れて、ちょっと心細くなってたの、、その笑顔と優しさにほっとする







e0343944_12013435.jpg

アトリエカモメといって、こちらはカフェになってるそうです

椅子の座面に畳が貼られてました



昨年、フィンランド人と結婚してこちらに住むようになったそうです。

一見、無愛想だけど、フィンランド人はとても優しいんですよ、とおっしゃってました

それはほんの少しの滞在だけど私達も感じました^^



雨がひどいので、ここでタクシーを呼んでもらおうと思ったのだけど、おしゃべりしてるうちに上がってました





e0343944_12083185.jpg
ありがとう。さようなら。お店を後にします



雨、あがったね、と私

なにも言わない夫

。。。




e0343944_12095619.jpg

出発まで特に予定はないので、トラムはやめて歩きましょ



e0343944_12165010.jpg



エスプラナディ通りまで戻ってきました


そうそう、ヘルシンキもストックホルムも銅像の頭の上には決まって大きなかもめが鎮座してます





e0343944_12180834.jpg




夫   あ〜あ。尊敬されてるのか、馬鹿にされてるのか。

カモメが大きいだけに。。。えらいことなってます





初日に長居して買い物したマリメッコshopにもう一度いってみようということになりました


am10時前


オープン前、ちょうどミーティング中

夫  はい、みなさん数日前にやってきたカモがまた外でまってますよ〜
   カモメじゃありませんよ、カモですからね〜みなさんぬかりなく〜

私  ??? あっ私のこと ?

夫  そう。







金髪の可愛らしい女の子が、店の扉をあけて出迎えてくれました

ヘルシンキ語でおはようっていうと、ちょっとイントネーションが違うってなおしてくれました

そして

more fabric? って言って笑った時に気付きました

このチャーミングな笑顔

髪形が変わってたからわからなかったけど

初日に接客してくれた居残りマリメッコちゃんでした

覚えててくれたの ?っていうと、もちろんって肩をすくめました

可愛いっ。


夫もデレデレ。カモ2匹



この日の布売り場は日本人の女性が担当


いいです。いいです。カモでけっこう!

マリメッコの布、もう3メートルくださいな💓




ついでに実家の隣にある伐採されてしまった大きな銀杏の樹のこと聞いてもらいました









こんな感じで、やっと北欧旅行が終わります


でも、後日、この旅にはもう一つ不思議で素敵なおまけが。。。













意識してる訳じゃないのに、振り返ると旅先でいつも布ばかり買ってますね、、

布が好き。そして


「素敵な布と出会ったときは、思い切って買っておきなさい」


昨年亡くなった、光恵おばちゃんから子供の頃にもらった言葉が

ずっとどこかにあるのです







[PR]
Commented at 2018-10-06 19:24 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by malzo8 | 2018-08-07 12:13 | Comments(1)